arupocoのメモ帳

ツイッターに書ききれないこととか

リヴリーエサ計算機

リヴリーを目標の色にするためにはどのエサを何個あげればよいかを計算するものを作りました。
計算機の後ろに記載されてある使い方・注意事項をご確認の上、使用してください。

2021/10/01 15時ごろ : 「今後の課題」を「蛇足」に変更。ハロウィン限定のエサは無視するよ、という話を追加しています。

 

計算機

現在色

 R

 G

 B

目標色

 R

 G

 B

±2ほど誤差を許容する(必要なエサの合計が少なくなる場合があります)

計算結果

テントウムシ : 0
オンブバッタ : 0
ルリセンチコガネ : 0
ツマグロヒョウモンの幼虫 : 0
モンシロチョウの幼虫 : 0
セスジスズメの幼虫 : 0
カブトムシの幼虫 : -
クロヤマアリ : 0
合計 : 0

R誤差 : 0
G誤差 : 0
B誤差 : 0

 

使い方

(1) 現在色、目標色を入力する。カラーリングシミュレータからコピーしてきた値(「R123 G456 B789」みたいなの)をペーストすれば下のRGB欄に変換・入力される。(RGB値手入力も可)
エサを少なくしたい場合は『±2ほど誤差を許容する』にチェックを入れる。

(2) 『計算』ボタンを押す。
→ 必要なエサの組み合わせ・量が出力される。また誤差を許容する場合、実際にエサをあげ終わった後の誤差が出力される。

計算後、こちらであげたエサの数を管理すると楽だと思います。

リヴリーエサカウンター - arupocoのメモ帳

 

注意事項

エサの総数が最小ではない場合があります。
 値段と満腹度を考慮しカブトムシの幼虫や期間限定の餌を使わないようにしていますが、これらを使った方がエサの総数が最小になる場合があります。
 また取りうる色の範囲を意識していないため、目標を上限ないし下限にしたときにピッタリの値にしようとして結果エサの量が増える場合があります。

エサをあげる順番にご注意ください。
 エサあげの過程で色の上限・下限に到達するとその色の最終値が変わります。
 極端に高くする色がある場合はその色を低くなるようなエサを(逆に、極端に低くする色がある場合はその色が高くなるようなエサを)優先してあげるようにしてください。

不具合や要望などあればtwitter(@arupoco)か当記事のコメントにてお気軽にご連絡ください。
 twitterのリプかDMだとすぐ反応できます。

・当計算機はリヴリー公式(ココネ株式会社)とは一切関係なく、いちユーザーである私arupocoが勝手に作成・公開したものになります。
 当計算機の不具合を公式に報告したり、逆にリヴリーのアプリ内の不具合を私に報告したりしないでね

FAQ

Q.リヴリーの現在の色が分からない、確認したい。
A.アプデされて確認できるようになりました。やったね!

Q.どうすれば〇色になるの?
A.カラーリングシミュレータで試行錯誤して良い色を見つけてください。「光の三原色」とかでググるとヒントになる情報があるかも。
 カラーリングシミュレータは/food押して『お世話』の枠の右上、RGBって書いてるアイコンをタップすると開きます。

Q.白っぽくしたい/黒っぽくしたい/灰色にしたい
A.明度を上げるなら〇〇の幼虫(3色のやつ)を均等に食べさせる、下げるならアリを食べさせればよいです。
 色を無くしていく(グレー系にする)なら、元の色を打ち消すようにエサを食べさせましょう。(元の色が赤ならツマグロヒョウモン以外を、緑ならモンシロチョウ以外、といった感じ)
 〇〇の幼虫で調整するとどんどん白っぽく、テントウ・バッタ・コガネで調整するとグレーになります。黒っぽくするなら一度グレーにしてからアリを食べさせればいいです。

Q.色を変えたくない
A.テントウムシのタマゴとカメムシだけ食べさせる or テントウムシ・オンブバッタ・ルリセンチコガネを同量ずつ食べさせる or カブトムシの幼虫とクロヤマアリを同量ずつ食べさせる
 先に書いたもののほうがコスパ良いです。クロヤマアリは値段的にも用途的にも貴重なので100個以上余ってるとかでもなければオススメしません。

蛇足

カブトムシの幼虫や期間限定のエサは計算に入れません。 理由は以下の通りです。

・計算の手間が増える。特に期間限定のエサなんて出るたびにいちいち実装してられない

・大きく色を変える場合はカブトムシの幼虫よりも〇〇の幼虫(3色のやつ)を均等に食べさせるほうが量が少なく済む

・期間限定のエサは特に量が集まりにくく貴重なので、大量に使用する理由が無い。「イボタガ50個必要」なんて言われても困るでしょ

この辺のエサは色の微調整に使うと便利なんですけどね。


その他、以下の機能も実装しません。

・色範囲を意識した計算を行う → カラーリングシミュレータの仕様的に難しいし、必要エサ量も数個程度しか変わらないと思われるため

・エサをあげる順番を出す → 各々で気を付けられる範囲なので

・小数を入力できないようにする → 入力規則はそこまで考えなくていいかな……

 

アップデート履歴

ver.2.3 コピペ機能追加

ver.2.2 アルゴリズムの最適化(誤差許容時に一部数値でフリーズすることがあるのを修正)

ver.2.1 アルゴリズムの最適化(誤差許容時に一部数値でフリーズすることがあるのと、余計な餌を減らす処理を修正)

ver.2.0 誤差を許容しない場合を追加。エサの合計を表示。カブトムシの幼虫を使わないよう修正

ver.1.0 初期リリース